玄米

玄米は量り売りしていますので、お試しに2合(300g)といったご要望にもお応えいたします。ただし精米(白米や分搗き米)をする場合は1㎏以上から承ります。

店内にて玄米5㎏の場合で5分程で精米できます。玄米は精米することで約1割が糠となります。糠をご希望のお客様はお申し出ください。



※無農薬・無化学肥料栽培米 ↓


平成29年産

兵庫県豊岡市JAたじま『こうのとり育むお米』コシヒカリ

栽培期間中

節減対象農薬:不使用

化学肥料:不使用。


平成28年産

福井県越前市JA越前たけふ『コウノトリ呼び戻す農法米』コシヒカリ

福井県認証の特別栽培米。栽培期間中、農薬・化学肥料不使用。




※減農薬・減化学肥料栽培米 ↓


平成29年産

佐賀県白石町

『七夕コシヒカリ』

旧暦七夕の頃に収穫、出荷されることから七夕コシヒカリと命名されました。早期米の中では珍しい減農薬・減化学肥料特別栽培米。新米らしい光沢、品質の良さには定評があります。


平成27年産北海道ゆめぴりか食味コンテストで最高位を受賞しました。

平成29年産

JA新すながわ

『ゆめぴりか』

厳しい栽培・品質基準を設け、適合したものだけをゆめぴりかとして出荷。北海道内でも最高ランクの食味と品質。

 

平成29年産

新潟県佐渡市

朱鷺と暮らす郷  『コシヒカリ』

エコファーマー認定農家が生き物を育む農法で、減農薬・減化学肥料栽培されたお米。売上の一部を佐渡市トキ保護基金に寄付されます。




平成28年産

山形県川西町

『花キラリ』

米穀専門店だけの販売

ごはんの光沢が良くあっさり、冷めてからはモチモチ、お弁当にどうぞ。


平成28年産

山梨県北杜市

農業法人『こぴっと』の『コシヒカリ』

三分一湧水を水源としてカブトエビやホウネンエビが発生する、水田環境特Aの棚田米。



平成28年産

山形県高畠町

『つや姫』

ごはんの炊き上がりのつやが良く、甘み・粘りバランスのとれたお米です。






平成28年産

島根県隠岐の島町

『島の香り隠岐藻塩米

特選コシヒカリ』

特産の天然塩『藻塩』の水溶液を散布等独自の栽培方法を確立。甘みのあるふっくらとした食感、冷めてからしっかり感がり、甘みが増してきます。

お弁当、おむすびにもおすすめ。



平成29年産

島根県石見高原

『きむすめ』

県中央部の川本町、美郷町、桜江町でハーブの一種(レッドクローバー)を緑肥としてすきこむ事により化学肥料を99%減に抑えた【ハーブ米】として生産。炊き上がりは白くて粘りが強く柔らか目。




平成28年産

佐賀県唐津市相知町

『さがびより』

松浦地区あうちの里の米栽培研究会限定。

棚田で栽培された逸品。

粒が大きく、もっちり、甘み・香りが良く冷めても美味しい、お弁当にもぴったり。



平成29年産

佐賀県伊万里市

『深山 夢しずく』

黒川町深山地区は標高350m前後の中山間地の棚田米。

ふっくらと光沢の良く程よい粘りと甘みのあるごはん。

 




平成28年産

宮崎県高千穂町

『ヒノヒカリ』

日本棚田百選に選ばれている『栃又』の棚田尾谷地区限定。しっかりめの食感でもちもちと甘みがある。

平成28年産

石川県小松市産

『コシヒカリ』

農薬5割減・化学肥料9割減。1.9ミリ選別、タンパク6.2以下、整粒76以上、食味値85以上の基準をクリアしたものだけを『えちゃけな米』として出荷。えちゃけなとは石川県地方の方言で可愛らしい、愛らしいという意味です。








北海道赤平市

 高度クリーン

 『きたくりん』

中空知エコ米生産共和国ベストライス赤平で生産されたお米。甘みがあり、柔らか目でもっちり冷めても美味しい新品種。

高度クリーンとは農薬使用回数8割減・化学肥料5割減の特別栽培米。

 

宮城県栗原市

東北194号、

通称『いくよちゃん』

ササニシキとひとめぼれから生まれた新品種で柔らかな食感でさっぱりとしているので和食向き。冷害に弱いササニシキを改良した期待のお米。



平成28年産

島根県太田市

世界遺産 石見銀山

『つや姫』

標高200~300mの富山地区の棚田で生産されたつや姫限定、日本テレビ『満点☆青空レストラン』でも取り上げられ話題を呼びました。山形産に負けない美味しさです。

 

平成29年産

茨城県潮来市

『一番星』

早生品種で関東地区でも最も早い減農薬・減化学肥料特別栽培米。

猛暑でも品質・食味が低下しにくい新品種。

大粒でもちもちした食感、冷めても美味しいです。



平成28年産

滋賀県彦根市

『ミルキークィーン』

粘りが強く、柔らかめでもっちりともちもちした甘みのあるお米。冷めても硬くなりにくくおいしいので、おにぎり、お弁当にも最適。逆に寿司やチャーハン、カレーには不向きです。



平成29年産

佐賀県白石町

『七夕コシヒカリ』

旧暦七夕の頃に収穫、出荷されることから七夕コシヒカリと命名されました。早期米の中では珍しい減農薬・減化学肥料特別栽培米。新米らしい光沢、品質の良さには定評があります。

平成28年産

山梨県北杜市

『五百川』

コシヒカリの中で成長の早い稲を選抜、品種化したお米です。山梨県内は農業法人こぴっとだけが作付けして1か月以上早く新米を販売しています。

三分一湧水を水源とする水田環境は最高の特Aに認定される程良好で初夏にはカブトエビが発生します。






※慣行(通常)栽培米 ↓


平成29年産

新潟県魚沼産

『コシヒカリ』

十日町市産

魚沼地区でも最高ランク付けされる旧川西町産を限定入荷。

つや、甘み、粘りもあり冷めても美味しい。

 



平成28年産

富山県南砺市五箇山

世界遺産

『コシヒカリ』

合掌造りの郷、五箇山相倉地区の標高400m前後の棚田米。

自家消費と酒米がほとんどの地区なので販売しているのは専門店だけの希少なお米、収穫後の調整も除湿乾燥し品質の均一化が図られています。






平成28年産

佐賀県神埼市

プレミアム

 『天使の詩』

城田西CE管内で栽培され高品質で出荷されます。

ごはんに光沢があり、炊き立てでも冷めても程よい粘りと甘みがあります。

 




平成29年産

佐賀県上場産

『コシヒカリ』

平成28年産 新米

 玄界灘に面した棚田米。

日中は対馬海流の影響で温暖ですが、夜間は冷涼な気温となり寒暖差がごはんの甘みを増してくれます。しっかりめの食感で甘みのあり、早生のお米ではトップクラス食味です。

 

 

 

 

平成28年産

茨城県常陸大宮市

『ふくまる』

大粒揃いでもっちり噛みごたえのある食感、冷めても美味しいです。カツなどの揚げ物にもしっかりと合います。



羽村米


平成29年産

羽村米

東京都羽村市のお米

『キヌヒカリ』

中野一明さんの天日干し

自然乾燥のお米です。

市内の小学校の稲作体験指導もされるベテランの農家さんです。

平成28年産

羽村米

東京都羽村市のお米

『コシヒカリ』

清水亮一さんの栽培したお米です。農薬も極力使用せず、除草も手作業で行っています。